妊娠線とは、妊娠中に大きくなったお腹のまわりの皮膚がその大きくなるスピードについてきれずに、皮膚組織が裂けて毛細血管が透けて見える線のことを言います。この線はメラニン色素が定着することで赤黒く目立ってしまうことから妊娠中、そして出産後の女性を悩ますもののひとつとなっています。

 

妊娠線のケア商品はいくつもありますが、美容効果があるとして近年大人気のプラセンタもそのひとつです。プラセンタは英語で胎盤を意味しますが、実際に美容製品などで使われているのは胎盤から抽出された成長因子やアミノ酸などです。

 

 

この成長因子が、裂けてしまったお腹の皮膚の細胞に作用することで、皮膚修復して線を目立たなくしていくのです。またプラセンタは、メラニン色素の生成を抑制し、沈着してしまったメラニン色素の除去までも効果があると言われています。クリームやオイルなど様々なケア商品を使っても妊娠線が消えないと悩んでいる方はプラセンタを試してみてはいかがでしょうか。